梅雨とこころの晴れ間

各地で線状降水帯の発生により、大雨、土石流などで緊急避難を余儀なくされている地域がニュースで伝えられています。

今日は、梅雨の晴れ間で気温も35度超と急上昇、熱中症多発の心配があります。

大きな気候変動が日常茶飯事、抗うことのできない自然の営みなのですが…。


ランナーの皆さんいかがお過ごしでしょうか。

こんな中にあっても、計画的にランニングを続けておられることと思います。

決して無理をせず、栄養・水分補給を忘れずに。

一方、ドジャースの大谷翔平選手(ミスタージュン)の大活躍のニュースに思わず微笑む今日この頃です。「継続は力なり」ですかネ!


梅雨入りのランニングは

今年は梅雨入りが遅くなっているようですが、間もなく高温多湿な梅雨の到来。
マラソンレースは雨が降っても開催。
そこで普段から雨の中を走り慣れておくことがレース本番でも生きてくるといわれています。

雨対策をしっかりと行えば気温の上がる梅雨から夏に掛けてはかえって走りやすいこともあります。
雨用のウェアー、シューズを揃えるのも気持ちの切替にいいのでは?

また、無理なく雨ランニングを取り入れることが長くランニングを続けるコツとなりますよ。

悪天候が続くと走る気が起こらない‼
そんな時は、室内で無理せずに走るための体幹トレーニングを取り入れてみては??


いずれにしても、良い汗かいてストレス発散、くれぐれも無理しないでランニングを楽しみましょう。

熱中症を避ける工夫を

暑さ慣れしない時期で熱中症が頻発しています。
日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう:


気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動と十分な食事・睡眠を摂りシーズンを通して、暑さに負けない体づくりを続けるのがグッドランナーです。

30℃を超えるような日中に走るのは、体を壊すことにつながり、良いことはありません。
熱中症で倒れてしまっては元も子もありません!

練習をしていないと不安なら気温の低い早朝や夜間に走るなど計画を立て取り組みましょう。
水分補給と合わせて熱中症対策を万全にしましょう!